とんでもない冬に終わりを告げ、花見月が咲きそうな今日この頃、月曜日の愛国記念の日はボストンマラソンですね。あれから3年。犯人の裁判も終わりに近づ き終身刑となるか死刑となるか、、、というところです。。。。今年、市長によりあの日、4月15日がOne Boston Dayと名づけられました。“助け合いの日”となるように、です。あの日、爆破があり、多くの怪我人が出ました。常にいざという時のために訓練されてい る、警察、市職員、医療関係者はあっという間にすばやい対応をし、怪我をされた方々は15分後には秒病院の手術室にいたそうです。医療が主な産業のひとつ であるボストンならではの対応だったと思いますが、それぞれのプロの対応に脱帽いたします。感慨深いボストンマラソン、今年はどのような盛り上がりを見せ ることでしょうか。