ボストングローブ紙によるボストン近郊の2015年の不動産市場の予測です。買い手にとって良い年になるだろう、とのこと。金利は引き続き低く抑えられる見込みであることと、2013年は12%家の値段は上がりましたが2014年は2.3%にいとどまったこと。高くなりすぎた不動産市場2015年は横ばいが予想される。しかし、ミレ二アル世代の若者が労働人口に参加しだし、若者世代が不動産物件を購入しだすことから、お手頃価格の物件は上昇することが予想される、らしいです。どうなることやらですね。 http://www.boston.com/real-estate/news/2014/12/19/cooling-prices-eastie-rising-low-interest-rates-what-look-for/2WRLPTC2T6yZixgvhGK6TM/story.html