「大学紹介ブログリレー」ではうちの馬鹿息子が通ったブランダイス大学をご紹介させていただきます。ハーバード大学がユダヤ人学生だらけになり、バランスに欠ける、、、と入学が難しくなったため、ユダヤ人の、ユダヤ人による、ユダヤ人のための大学、として世界中から優秀な教授陣、学生が集められ1948年に設立されました。宗教色はないのがモットー。とはいえ現在でも3分の2をユダヤ人学生が占めるので、おのずからユダヤ色が強い大学です。ボストン郊外のウォルサムという街にキャンパスがあり、学生数は少なく3600人の学部生、2200人の大学院生。3万3千人もの学生が通うボストン大学などのマンモス校とは違い、アットホームな雰囲気があります。大学の多いボストンでは、どこの大学が一番おしゃれでかっこいい学生が多いか、、、という投票サイトがあるそうですが、女子学生は最下位、男子学生は下から2番目。という素晴らしい評価があります(?!)。それは彼らも自覚しているようで、「この30の要素があるから君はブランダイス大学に行った。」というサイト、http://www.buzzfeed.com/marmarbinxypoo/30-signs-you-went-to-brandeis-uni... 笑ってしまうのですが、要するに、空気読めない、ちょっとどんくさい、オタクというわけです。それはさておき、親としては横にそれることなく、小さなキャンパスで地味に学生生活をしてくれるという観点から、お勧め、といえばお勧めの大学ということが言えます。大学で知り合い、その後結婚。というカップルがもっとも多いそうで、人生の伴侶を見つけるキューピット大学でもあるようです。