キリスト教のイースター(復活際)、ユダヤー教のパスオーバー(ペサハ)過越の祭り、でボストンはし~んとしてます。スーパーマーケットでは、ここ数週間イースターのおしゃれな卵やらウサギのチョコレート、パスオーバー用のマッツァやらで賑わってましたね。まじめに祝う真面目派もいれば、集いの場としての崩れ派もいれば、兎に角、起源は何であれ、他宗教であれ、呼んで呼ばれ、楽しむに尽きるのがホリデーというものですね。大雑把に言えば、復活祭はキリストが十字架にかけられた後、復活したことを祝うお盆のようなもの。過越の祭りはモーゼが奴隷であったユダヤ人をローマ人から解放するため紅海を割って逃避させたというもの。どちらもハリウッド映画で多くの映画が作られたあのお話がもとになってます。クリスマスとハヌカも丁度同じころ。よく出来ているものです。人種のるつぼのアメリカは、いつもなんだかんだ祝い事が多いのがいいですね!(M.S)