ボストンではまだ寒い日々が続いていますが、日本では平年より早く、もうすぐ桜が咲く地方があるようです。アメリカ・ワシントンDCでは3月20日~4月12日にかけて桜まつり(National Cherry Blossom Festival)が催されます。この桜は、1912年に当時の尾崎行雄東京市長がワシントンに寄贈したもので、このお祭りでは現在も日本とアメリカ合衆国の親密な関係の維持が祝われています。アメリカの首都であるワシントンで、記念塔を背景にみる桜は日本で見る桜と一味違いそうですね。パレードや屋台など様々なイベントを通して、多くの人々に桜の美しさ、そして日本の文化や伝統などが伝わることを願っております。